【まとめ備忘録】子どもの身長を伸ばすために親が気を付ける3つのこと

身長計と子供(AI) 子育て
身長計と子供(AI)

子どもの身長を伸ばすために親が気を付けること

前置き

「私たち夫婦は揃って日本の平均身長以下だけど、うちの子にも遺伝しちゃうかな?」

つい先日旦那と交わしたそんな会話。

身長が人生の幸福度を変えるとは思わないけれど、だからこそ、選べるなら背は高いほうが良くない?

そんな軽~い気持ちでネットサーフィンをしてみたら出るわ出るわ…。

やっぱり身長は一目でわかる特徴だし、外見は強いコンプレックスに発展しがちなんですよね。

骨延長手術なんかも出てきたけれどリスクもデメリットも大きいですし…。

親としてはそんな事気にせず、自分自身を愛せる様な人生を送ってほしいと思います。

そんなことを考えながら調べた情報の中で「これは実践したい」と思った内容を厳選してまとめました。

今回は結論をまとめた軽い備忘録です。

親が気を付ける3つのこと

簡潔に書くと気を付けるのは以下の3つです。

  • 睡眠
  • 食事
  • 運動

当たり前すぎるけど大切なことなんだと再認識しました。

ではその中でも何を意識すればいいのか、補足していきます。

睡眠

睡眠について意識すべきことは2つ。充分な時間、高い質の睡眠です。

それらを満たすために意識すべきことは以下の通りです。

〈推奨される睡眠時間〉

3~5歳10~13時間
6~13歳9~11時間
14~17歳8~10時間
〈推奨される睡眠時間〉

〈睡眠の質を高めるための入眠までのルーティーン〉

  1. 日中に運動
  2. 夕食後の歯磨き
  3. 入浴時に湯船につかる
  4. 入浴後はスマホなどを見ない
  5. 寝巻でしっかりとベッドに入る
  6. 風呂を上がってから90分後に入眠

特に最後のところが大切らしいので、そこに合わせて逆算する必要がありますね

食事

大前提として栄養バランスを良くする。

その上で身長を伸ばすという点で意識して接種したいのが下表の食べ物です。

〈摂取したい食べ物〉

動物性タンパク質卵(1日2個)・牛乳(1日3杯)
亜鉛牡蛎・豚レバー・抹茶等
鉄分(ヘム鉄)豚レバー・カツオ・イワシ・マグロ等
ビタミンDサケ・イワシ・サンマなどの魚類やキノコ類
〈摂取したい食べ物〉

 特に動物性のタンパク質は効果が大きい様です。

運動

栄養吸収と睡眠の質向上の為にもした方が良い運動は、いったいどの程度すればいいのか。

〈運動量の基準〉

程度としては少し息が上がる程度の全身運動

時間はまとまった60分くらいで、最低でも30分程度。

筋トレをするなら自重筋トレ

だそうで、あんまりハードな運動をしてる子には栄養に一層の注意が必要ですね。

まとめ

今回は簡潔に身長を伸ばすために親が気を付けること3つをまとめました。

睡眠・食事・運動」は日々のタスクとしてしっかりと頭に入れてルーティーンを作っていきたいです。

内容を見てみると健康のためにも大事なことばかりでしたね。

もう身長が伸びない大人でも、日々の積み重ねの中で実践してみてはいかがでしょうか。

今日の晩ごはん

我が家の主菜は大体お肉とお魚を交互にしています。肉も魚もバランスよく食べたいっていう私のこだわりなんです。たまに肉でも魚でもない日もあります(笑)

魚は肉より割高なので安いものを買うといつも同じ種類になりがち…。なるべく調理法を変えて工夫しています。今日はぶりの切り身を甘酢あんかけにしてみました。初めて作ったけど美味しかったです。

副菜は、安いかつ色が珍しくて買った黄色のズッキーニと新じゃがを使いました。個人的にじゃがいもは炭水化物のくくりですが、今日はお魚だからセーフということで…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました